【体験レビュー】凄十を飲むタイミングと効果を徹底検証!

なんとなく疲れが溜まってきたな」「今晩はがんばらないと!」というときにコンビニやドラッグストアで手軽に買えて、サッと飲むことが出来るドリンクタイプの滋養強壮剤は力強い味方ですよね。

しかも最近、ドンドン新しい商品も出てきていて、より多くの注目を集めている分野です。そんなトレンドの精力剤/滋養強壮剤業界において、古くからその地位を確固たるものにしているのが「凄十」

最近では、紫吹淳さんと金子昇さんが出演するCMを放映するなど、これまでに精力ドリンクを意識をしたことがなかった人にも認知が拡大しています。

今回は、そんな凄十が本当に効果が期待できる精力ドリンクなのかどうか、実際に私が飲んでみた結果を発表します。さらに実際に利用した人の口コミや配合されている成分から本当に期待できる効果も検証していきましょう。

飲んだからこそわかるおすすめの飲み方もご紹介するので、「凄十を飲んでみたけど、どうしたらいいのかわからない」という人はぜひ参考にしてくださいね。

凄十を実際に飲んでみた

近所のコンビニで販売されているのを見つけたので購入しました。ちなみに、ローソンやファミリーマートでも取扱があることを確認しています。地方の大型ドラッグストアでも見たことがあるので、日本国内にお住みの方であれば購入先に困ることはほとんどありません

それでは、早速凄十を実際に飲んでみたときに気が付いたことをご紹介していきます。

効果について

凄十のパッケージ

凄十で一番気になるのは、飲んだ後にどんな効果がえられるのという点でしょう。

「ドリンクタイプだからすぐに効果を実感できるのでは?」「すぐに有効成分が吸収されてギンギンになるのでは?」と考えたくなります。結論からお伝えすると凄十を飲んだあとは、なんとなく元気になるような気がしてきました!

ただし、そのあとのセックスで勃起力がすごいとか、何連発もできるとか劇的な変化ではなかったのが正直な感想です。

ヘトヘトでベッドインしても最後まで体力を持たせたい時や、もう一踏ん張りしたい時には非常に良い商品でしょう。ちなみに、私の友人ではセックス前に飲むことで中折れのの確立が低くなったと言っていた人もいました。

味やにおい

凄十の味やにおい

凄十の味やにおいは、一般的な滋養強壮剤に近いです。いわゆる漢方系の独特なにおいが鼻に刺さります。ツーンとした漢方のにおいに加えて、シロップタイプの風邪薬のような医薬品的な甘ったるいにおいもするため、「苦手だな」と感じる人も少なくないでしょう。私も好きなにおいではなかったのですが、鼻を摘まんで一気に飲み干しました。

口に入れた瞬間に来るのは、風邪薬シロップのような不自然な甘さが口に拡がります。漢方の苦みのあとに、ピリッとしたコショウのような刺激を舌に感じました。なかなか特徴的な味です。

凄十は、味もにおいも特徴が強い精力剤です。滋養強壮剤が苦手な人だと、苦痛で飲めないかもしれません。そのような場合は、鼻を摘まんで飲み込む方法を試してみることをおすすめします。嗅覚がなくなるだけで味覚を感じにくくなるので、最後の刺激以外の味を感じにくくなります。

凄十を飲むタイミング

凄十を飲むタイミング

実際に1本飲んでみた結果から、凄十を飲むベストのタイミングを考えてみました。結論からお伝えすると、頑張りたい時の20分から30分前がベストかと思います。

錠剤タイプの精力剤だと胃や腸の状態によってベストなタイミングが異なるのですが、凄十はドリンクタイプであるため、食べ合わせは特に気にする必要はありません。

ただし、凄十に含まれるカフェインや糖分が吸収されるまで時間が必要で、その時間が20分程度なのです。

より具体的なタイミングを考えてみましょう。例えば、年齢が高くなると悩む人が一気に増える中折れ予防であれば、ベッドインの直前に飲んでおくのがおすすめです。仕事や遊びをもう少し頑張りたいというときは、疲労感を感じたらすぐに飲むといいでしょう。

ちなみに、カフェインや糖分などは吸収されるとすぐに脳の活性化を促しますが、効果が切れると一気に疲労感に襲われることがあるので、凄十を早過ぎるタイミングで飲むのは注意が必要です。

レッドブルと一緒に飲むのは注意

凄十とレッドブル

凄十をレッドブルと混ぜて飲む飲み方を楽しむ方もいるようです。どちらも滋養強壮や精力アップに効果があると多くの人が考えているドリンクであることから、混ぜることで相乗効果を期待しているようですね。

しかしながら、個人的には凄十とレッドブルを混ぜる飲み方はあまりおすすめできません。混ぜることで効果が強くなる可能性はありますが、効果がない可能性やリスクが考えられるためです。

例えば、カフェイン摂取量。カフェインは1度に大量に摂取すると身体の震えや頭痛などの副作用が発生することもあり、レッドブルと凄十を合わせた量を飲むと発生する可能性がゼロではありません。

また、どちらのドリンクも大量の糖分が含まれています。2本飲むだけで1日の推奨以上の糖分を摂取することになるでしょう。糖分過多の生活は肥満の原因、ひいてはEDや勃起力低下の原因にもなるので注意が必要です。

ちなみに、私も実際に飲んでみたのですが、飲んだ後に軽く頭痛に見舞われました。

凄十の口コミ評判

凄十の口コミ

私が飲んだ時には明らかな効果を感じることができなかった凄十ですが、ほかの人だとどうなのでしょうか。

本当の効果を調査するために、利用者からの口コミを徹底的に調べました。もちろん、効果があって満足している口コミもあれば、全く効果を実感出来ずに不満に感じている口コミもありましたので、どちらもご紹介します!

ポジティブな口コミ

凄十の効果に満足しているという口コミです!疲労の軽減などの口コミもありましたが、最も多かったのは勃起力の向上を実感したという口コミでした。

こちらの口コミでは、持続力が明らかに向上したと報告しています。

満足度100%

初めて飲みましたが、味的にはエナジードリンクの用な感じで喉の奥の方から熱いものが込み上げて来るような効き目凄いです。30分前に服用持続力が3倍up。お値段もお手頃なので次回はまとめて買おうと思います。

こちらの男性は、凄十を飲むことに加えてバイアグラのジェネリックを飲むと勃起力が向上したと口コミしています。

確かに効果ある

この精力剤とカマグラゴールドを併用すると、途中で中折れしなくなりました。年も48才なので、2回戦とかはありえないが、確実にかたさが持続してくれました。 私の場合、特に副作用はありませんでした。効果がでるまで飲み続けるやつより、直前に飲んでいると効果がでるのが嬉しい。値段もドラッグストアーで購入すると定価だけど、アマゾンだと安く購入できてありがたい。

このように凄十に満足している人には、精力の向上を実感している人が多くいるのです。

ネガティブな口コミ

凄十の効果に満足している人もいれば、残念ながら不満に思っている人もいます。ほとんどの人は凄十を飲んでも、全く効果を感じなかったという内容の口コミです。

微妙…

正直あまり効果を感じられなかった。 持続力などを期待していたが変わらず。強いて言うなら射精量が少しだけ増えたのかな?くらい

ピクリとも…

うんともすんとも 全く効かなかった。 10本くらい飲んだら効果あるんかな?

口コミのまとめ

凄十の口コミは賛否両論です。満足している口コミもあれば、不満に思っている口コミもあります。私は凄十に飲んだ後に効果を意識していたのでなんとか気が付くことが出来ましたが、他の作業を始めたりしてしまうと凄十の効果はほとんど感じられないと思いました。

そのため、個人的には凄十を飲む際には、こちらの口コミのような期待をして飲むのがおすすめです。

盛り上がります。

体感的なものは分かりませんが、気分的には盛り上がりました。

あえて彼女やパートナーの前で飲んでみるのもいいでしょう。気分や雰囲気を盛り上げるための「アダルトグッズ」と同じような使い方をすると、後悔することはないと思いますよ。

凄十に含まれる成分

凄十の成分

口コミでは賛否両論の凄十ですが、成分からもどのような効果が期待できるのか検証してみましょう。凄十パワー液に含まれているのは、次の成分。

すっぽん抽出エキス、コブラ、牡蠣エキス、サソリ、マカ、亜鉛酵母、トナカイ、海馬、ガラナ、ヒアルロン酸、カフェイン、高麗人参、クコシエキス、ローヤルゼリー、エゾウコギ

いずれの成分も男性の精力向上に効果があると言われている成分です。滋養強壮成分としても有名なものが多いので、聞いたことがある成分も多いのではないでしょうか。

これらの成分の中から特に重要な成分をいくつかピックアップして詳しくご紹介します。

成分 特徴 配合量
スッポン 性欲が高くなると言われている漢方成分。アミノ酸や亜鉛、ビタミン類をバランス良く含む食材 不明
コブラ アミノ酸を多く含むことから滋養強壮に効果があると古くからいわれている漢方。血行促進や疲労回復などに効果が期待できる。 不明
ガラナ ブラジルが原産の植物。カフェインを大量に含んでいるためコーヒーよりも強烈な覚醒作用が期待できる。疲労回復やダイエット効果があるといわれている。 不明
カフェイン コーヒーに含まれていることで有名なカフェイン。覚醒作用があるため、眠気を吹き飛ばしたり疲労感を軽減させる効果がある。 不明
高麗人参 中国や韓国で古くから滋養強壮・精力増強の漢方として愛用されている。サポニンの1種が含まれており、勃起力や性欲、血流改善などの効果が期待できる。 不明
エゾウコギ 血管拡張による血圧正常化やリラックス効果、強壮、リウマチ、神経痛、不眠症などさまざまな効果が認められている植物。高麗人参に似たサポニンの1種を含んでいる。 不明
ローヤルゼリ 女王バチのみが食べることを許された厳選の物質。必須アミノ酸を含むアミノ酸18種類やビタミン、ミネラルを含む。疲労回復や滋養供応に効果がある成分。 不明

このように、凄十に含まれる成分の多くは世界各地で滋養強壮の漢方として愛用されているものなのです。そのため、凄十は滋養強壮のほかにも精力向上や疲労回復など幅広く効果が期待できる精力ドリンクと期待できそうだと考えてしまいますね。

しかし、注目のポイントは凄十はいずれの成分もどれほど入っているのか全く分からないということ。どのような成分であれ、わずかしか含まれていなければ効果が実感出来ないのです。

凄十の副作用

副作用の危険性

凄十をいままでに飲んだことがない人にとって、副作用の有無は気になるところですよね。疲れているからエネルギー補給のために飲んだのに、結局もっと疲れてしまったり、頭がいたくなって仕事どころではなくなってしまったなんてことになってしまっては本末転倒です。

結論からお伝えすると、用法用量を守って飲んでいる限り安全であると言えます。凄十パワー液のパッケージには、「1日1〜2本を目安に」と記載があるので、2本までは安全と言えるでしょう。

ただし、それ以上の数を飲むと成分の過剰摂取によって副作用が発生する可能性は0ではありません。例えば、カフェインの過剰摂取による震えや亜鉛の過剰摂取による頭痛や吐き気などが考えられるため、あくまでも用法用量を守って飲むようにしてください。

凄十ドリンクと錠剤の違い

実は凄十シリーズは、ドリンクだけではありません。錠剤やお菓子のようなグミタイプのサプリもあるのです。むしろ錠剤の方がドリンクタイプよりも歴史が長かったりもします。

錠剤タイプの凄十も、配合されている成分はドリンクタイプとほとんど同じ。滋養強壮や精力向上に効果があると言われている漢方を中心に配合しています。

錠剤タイプとドリンクタイプを比較して、メリットデメリットをまとめました。

メリット デメリット
  • 持ち運びがしやすい
  • 水だけでサッと飲める。味無し
  • ドリンクより値段が安い
  • カフェインは入っていないため、覚醒作用はない
  • 水がないと飲み込めない

ドリンクタイプと比べるとデメリットは少ないです。ただし「絶対に錠剤タイプがおすすめ」というほどのメリットもないのが正直な感想です。

ドリンクタイプも錠剤タイプも共通しているのは、配合成分量はわからないということ。効果を実感出来る精力剤を選ぶためには、配合成分の記載が必須であることを考えると、凄十シリーズはベストな精力剤である!と強くプッシュすることができません。

Amazon・楽天・ドラッグストア価格比較と最安値

凄十を最安で購入する方法も調査しました。

Amazon 楽天 ドラッグストア コンビニ
715円 6,850円(10本) 598円 1,296円

価格だけで見ると最安値はドラッグストアです。ただしこの価格はマツモトキヨシのみの価格でした。また、マツモトキヨシでも店舗によって凄十の値段は変わるようなので注意が必要です。

1本だけで購入する場合に、次の安いのはAmazon。日々価格の微調整が入るので、常に715円というわけではありませんが、700円台で販売されていることが多いので購入時には確認をおすすめします。

凄十のまとめ買いをするのであれば、楽天が最安です。10本6,850円=1本685円で購入できます。「疲れたらすぐに凄十を飲みたい!」という場合は楽天で購入するのが良いでしょう。

コンビニは圧倒的に高いですが、ほぼ全ての店舗に在庫があることと24時間365日必要な時にすぐに購入できるのがうれしいポイントですね。

安定のAmazon、まとめ買いの楽天、すぐほしいならコンビニという使い分けがおすすめです。

まとめ

CMも放映しており、全国のドラッグストアやコンビニで購入できる凄十は、日本一認知度が高い精力剤といっても過言ではないでしょう。

疲れている時や、もうひと頑張りしたい時には奮発して購入してみるのもおすすめ。カフェインが配合されているので、覚醒作用で頑張ることができます。

ただし、精力に本当に効果があるかどうか確実なことは言えません。配合している成分は滋養強壮や精力改善に効果があるとして重用されてきたものばかりですが、肝心の配合量が記載されていないため本当に効果が期待できるほどの量が入っているのか判断できないのです。口コミも賛否両論が多すぎて、参考になりません。

また1日だけ凄十を飲んでも、勃起力の回復や若い頃のような精力を取り戻すことはできないでしょう。基本的に精力剤による精力改善は、毎日推奨成分を取り続けることで実現されるからです。

本気で精力を取り戻すのであれば、凄十のようなドリンクタイプよりも、1ヶ月分のパックになっている状態タイプの精力剤がおすすめです。

【参考】凄十を作る宝仙堂はどんな会社?

宝仙堂トップページ

「精力剤ってどんな会社が作っているんだろう」と気になったことはありませんか。

凄十を作っているのは、株式会社宝仙堂という会社です。凄十があまりにも有名なため、凄十が唯一の商品なのかと考えてしまいがちですが、実は凄十以外にも多くの健康食品商品を扱っています。

さらに創業は驚きの大正10年。大正時代から続く超老舗企業なのです。大塚製薬や三菱電機と同じ年に創業の会社であると考えると、すごさが実感出来るのではないでしょうか。

ちなみに、直営店舗も全国に5箇所運営しているので、「宝仙堂から直接凄十を購入したい」という人は訪れてみるといいでしょう。いずれの店舗も東京都心に位置しています。

おすすめ精力剤の関連記事
  • バイタルアンサーのアイキャッチ
    【効果なし?】バイタルアンサーの効果を口コミとレビューから徹底検証!
  • ブラビオンSのアイキャッチ
    ブラビオンSには増大効果はない!?口コミと体験レビューから徹底検証
  • 凄十アイキャッチ
    【体験レビュー】凄十を飲むタイミングと効果を徹底検証!
  • メガマックスウルトラ
    【増大サプリ】メガマックスウルトラには増大効果はなし?口コミから検証!
  • エディケアEXアイキャッチ
    エディケアEXは効果実感できる精力剤?口コミ評判や飲み方、副作用を徹底検証
  • レッドドラゴンアイキャッチ
    レッドドラゴンは効果なし?口コミとレビューから徹底検証
おすすめの記事